月別: 2018年9月

記事一覧

小川洋子『科学の扉をノックする』

小川洋子著 『科学の扉をノックする』(2008年、集英社)を読みました。登場する7人の科学者がみんな素敵な方ばかりで、内容は易しいけれどとても奥深い本でした。とくに印象に残った箇所を紹介します。 宇宙…

Art

東京都美術館『没後50年 藤田嗣治展』

上野の東京都美術館で開催されている「没後50年 藤田嗣治展」(2018年7月31日~10月8日)に行っていました。それまで藤田嗣治の作品は見たことがなかったのですが、想像以上に楽しむことができ、またそ…

福岡伸一『芸術と科学のあいだ』

福岡伸一著「芸術と科学のあいだ」(木楽舎、2015)を図書館で借りて読みました。絵画や建築などの作品をひとつひとつテーマにした短編のエッセイ集です。フェルメールや科学者のエピソードなどが4ページほどの…