前回の妊婦検診からあっという間に2週間経ち、検診に行ってきました。病院の回数が増えてきたのでやや億劫に感じますが、妊娠期間ものこり10週を切ったのでもう少しだと思って頑張ります。

受付と身体測定

いつものように受付を済ませ、看護師さんに身体測定をしてもらいました。まず身長・体重を測ると、2週間前とあまり変わっていませんでした。

BMI(31w0d)

体重(31w0d)

血圧もとくに問題なく、看護師さんの検査が終わって診察室で助産師さんが来るのをしばらく待ちました。

助産師さんの診察

今日はいつもの助産師さんがお休みだったので、初めていつもとは違う助産師さんに診てもらいました。若くて明るい女性でとても親切そうだったので安心しました。

鉄剤による便秘と痔の悩み

血液検査でやや貧血ぎみだとわかってから、毎日鉄剤を飲むことになったのですが、飲んでからかなり便秘が悪化してしまい悩んでいました。鉄剤は便秘になりにくいといわれている液体のものを使っているのですが、便秘はすっかり悪化してしまいました。

以前も病院で便秘と痔については相談をして、便秘薬を出してもらっていたのですが、つらかったのでもう一度相談してみました。

便秘については、今飲んでいる軟化剤(stool softener)の『Colace』に加えて、下剤(laxative)の『Miralax』を併用すると症状が少しよくなることがあるそうで、使用してみることにしました。Miralaxは以前飲んでみてあまり効果は感じなかったのですが、とりあえず処方してもらうことにしました。

また、痔の痛みと出血については、新たに軟膏(ointment)の『Preparation H』を処方してもらいました。この軟膏は痔の薬としてとてもポピュラーなもののようです。

どの薬も市販薬で処方箋なしで買うことができるもので、帰りに病院の薬局で購入しました。便秘と痔のお薬フルセットという感じです! 『Colace』と『Miralax』は、成分が同じと思われる別の薬が処方されました。こちらの方がたぶん安いのだと思います。これで少しでも症状が和らげばいいなと思います。

購入した便秘と痔の薬
(左)Colace $2.34(右)Miralax $7.62(下)Preparation H $8.13

子宮底長について

前回の検診のときに、子宮底長が基準よりも少し小さいと言われたのでちょっと気にしていました。今までほとんど気にしていなかった子宮底長ですが、基準値に入っていないとやはり不安になりました。

アメリカの妊婦検診ではエコーで胎児の確認をすることも基本的に無いので、順調に成長しているかどうかは子宮底長くらいでしか感じられないのもちょっと不安です。

助産師さんにさっそくメジャーでお腹のサイズを確認してもらうと、子宮底長は30cmで現時点の正常範囲内とのことでした。よかった! また、今の時期は29cmでも問題ないとのことでした。

子宮底長を確認してもらったあとは、いつものようにドップラーで心音確認をして胎児が元気なことを確認し、検診が終わりました。

おわりに

次回はまた2週間後に妊婦検診です。受付で次回の予約をとり、薬局で薬を購入して帰りました。