37週を過ぎていよいよフルタームに入りました! 妊娠期間もあと残り少しです。産まれてくるのが数日後なのか4週間後なのかはわかりませんが、無事産まれてくるのを待つ段階になりました。妊婦検診もあと数回で終わりです。

受付と看護師さんの検査

予約時間に病院の受付を訪れ、名前と予約時間を伝えるとすぐに看護師さんが診察室に案内してくれました。予約時間をちょっと過ぎていたので待っていてくれたかもしれません。いつも待ち時間がほとんどなく助かります。

まず身長体重を測るとなぜか少し体重が減っており、1週間前の検診から-1.4kg、妊娠前からは+10.3kgでした。一緒に来ていた夫も、体重減った? と不思議そうでした。測り方による誤差の気がしますが、私は少し得をした気分でした。そして看護師さんからはいつもどおりとくに体重についてコメントなどはありませんでした。

体重(37w4d)

BMI(37w4d)

そのあと血圧が問題ないことを確認し、現在使用している薬の確認をして助産師さんが来るのを待ちました。

助産師さんの診察

前回の検診と同じ助産師さんが診察室に来ると、まずは出血、お腹の痛み、胎動の減少など体調に変わったことがないか確認がありました。体調は1週間前ととくに変わりなかったので、体調も胎動も問題ないことを伝えました。

GBSの結果について

つぎに、先週受けたGBS検査の結果をポータルサイトで見た? と聞かれたので、陽性だったのを見たことを伝えました。GBS検査をした2日後にはポータルサイトから結果が見れ、看護師さんからメールも届いていたので、やっぱり陽性だったか! と思っていました。

GBSが陽性の場合、分娩中に抗生物質を4時間おきにIV(静脈注射)で受ける必要がありますが、ずっと点滴から投薬し続けるわけではないとのことです。

抗生物質の胎児への影響が少し不安だったので質問すると、この抗生物質は胎児には安全な薬なので安心して大丈夫とのことでした。分娩中にちゃんと抗生物質を注射してもらえるように覚えておきたいと思います。

恥骨と股関節の痛み

前々回の35週の妊婦検診のときはお腹の張りに悩んでいたのですが、今回は恥骨と股関節(groin area)の痛みについて相談しました。

昨日、両手に荷物を持ったまま重いドアを開けようと足に変な力をかけてしまい、それから立つだけで恥骨と股関節にかなりの痛みを感じるようになってしましました。

アメリカの建物はドアが本当に重く、自動開閉のボタンがついているときは良いのですが、自力で開けようとするとちょっと力が必要です。もちろん普段の身体であれば問題なく開けられるのですが、今の臨月の身体で無理に開けようとしたのが失敗でした。ちなみに骨盤ベルトはきちんと締めていましたが、恥骨と股関節に変な負担がかかってしまったようです。

昨日はそのあと一日痛みがつらかったのでなるべく安静に過ごし、夜にはなんとか立って活動できるくらいの痛みにおさまりましたが、今日もまだ痛みが少し残っており、とくに歩くと股関節に痛みを感じることがありました。

助産師さんによると、今の時期の恥骨と股関節の痛みはとてもノーマルなことで、胎児が骨盤に頭を入れて圧迫していることで痛みが生じやすいとのことでした。とくに解決策がないのはわかっていたのですが、体を痛めないように気を付けて過ごさなければ、と反省しました。

病院への連絡について

フルタームに入ったので出産が始まったときの病院への連絡の仕方をあらためて確認しました。

病院へ連絡をするのは、破水、出血、5分間隔の陣痛、その他胎動が減ったときなど体調の変化があったときで、連絡をしたあとこちらの病院で診察を受けてから、状況に応じて出産予定の病院へ行く流れとのことでした。

いつも妊婦検診を受けているこちらの病院は家から徒歩5分ほどの家のほぼ目の前なのでいつでも行けるのが安心です。出産予定の病院は車で20分ほどかかり、移動にはTAXIかUberを利用する予定なので、破水から出産が始まらなければいいなと思います。

子宮底長と心音

さいごに、いつもと同じように子宮底長と心音を確認しました。まず助産師さんがお腹の上を手で少し強めに触り、胎児の頭の位置が下にあることを確認しました。前々回の検診のエコーで頭位は確認していますが、変わってしまう可能性もゼロではないのだと思います。変わらず頭が下にあり安心しました。

つぎに子宮低長をメジャーで測ると36cmで、助産師さんはパーフェクト! と言っていました。先週は35cmだったので、1週間で1cm大きくなっています。何cmまで大きくなるのかわかりませんが、経過が順調なようでよかったです。心音もいつもと同じように元気なことが確認できました。

おわりに

この1週間はGBSが陽性だったり、恥骨と股関節を痛めてしまったりしましたが、その他はおおむね問題なく順調な経過なようです。この先の1週間はきっとまだ産まれないと思うので、次回の検診も元気に通院できるように十分注意して過ごしたいと思います。