私の一番好きな作家は小川洋子です。小川洋子の作品の中でも、特に好きな3冊を紹介します。

博士の愛した数式

中学生のときに小川洋子の作品を初めて読みました。その本が、「博士の愛した数式」でした。私が今も昔も一番好きな本です。よく覚えているのは、読んでとても気に入ったので当時の担任の先生にこの本を貸したことです。

本の内容はもちろん数学がモチーフの一つとして使われているのですが、数学が好きな人も、嫌いな人も、数学の専門家も、誰もが物語に溶け込むことのできる不思議な小説です。私自身の数学や科学者への興味や愛情は、この本からたくさん影響を受けているように感じます。本から伝染したような感じです。それから、高校、大学、社会人になっても、不定期ながらずっと読み続けている作家さんです。

世にも美しい数学入門

「博士の愛した数式」の他にも数学をテーマとした本に、小説ではありませんが、数学者の藤原正彦先生との共著で「世にも美しい数学入門」という本があります。(藤原先生は母校の先生だったのですが、在学中は授業を受ける機会がなかったのが今でも残念です。)

藤原先生は、数学者でありながら、両親を作家の新田次郎、藤原ていを持つ方で、数学に関係あるものからないものまで、エッセイをたくさん書かれています。(こちらのエッセイもとても面白いので、あらためて別記事にします。)その藤原先生と小川洋子という、とても贅沢でピッタなリふたりの対談は、とてもわくわく読んだことを覚えています。もちろん理系以外のどんな人にもおすすめしたい本です。(他にも、「科学の扉をノックする」という小川洋子×科学者のインタビューの本もあるのですが、私はこちらは未読です。)

薬指の標本

小川洋子の作品は、数学のからんでいない他の小説もとても好きなものばかりです。ただ、ストーリーを人に伝えようとすると、なぜかホラーのようになってしまう作品が多く、その魅力をうまく伝えるのがとても難しいです。

そんな作品の中で特に好きなのは、「薬指の標本」です。内容もタイトルのままなのですが(!)、実際小説はホラーではなく、奇妙な愛情がそっと潜んでいるような慎ましくひそやかな小説です。そんな小説ならではの、他の媒体(映画や漫画など)では作れない独特の世界に惹かれるのかもしれません。