ここ最近、膀胱炎がだいたいよくなってからも体のだるさや微熱(37.0~37.4℃くらい)が続いていました。体調の不安と、もしかすると妊娠の可能性があったので、調べておいた方がよいと思い、アメリカの妊娠検査薬を試しました。

アメリカの妊娠検査薬

私の生理周期は35~45日くらいの長めの周期で、生理自体も重すぎたり軽すぎたり、あまり安定していませんでした。なので生理予定日はだいぶ先だったのですが、ためしに検査薬を使ってみました。

購入したのは、アメリカのCVSという薬局で、2本入りで10$くらいのものを買いました。CVSにはセルフレジもあるので、妊娠検査薬を買うのも恥ずかしくなくさっと買えて助かりました。

CVSで購入したアメリカの妊娠検査薬

生理予定日の5日前から使えるタイプのようです。2本のうち1本はアナログ表記で、妊娠している場合は紫色の線がでるタイプ、もう1本はデジタル表記で、妊娠しているとYESと表示されるようです。

さっそく検査

アナログの検査薬の方がより高精度で使えるようだったので、今回はそちらを使用しました。トイレで使い捨てのコップに尿をためて、検査薬を5秒間浸し、キャップをして横に置いて線が出るのをしばらく待ちました。

参照の方にはすぐに濃い紫色の線がでましたが、検査の方は白いままで何も線は出てきませんでした。とくに妊活を意識していたわけではないのですが、ちょっと残念な気持ちになったので、妊娠をどこかで期待していたんだなぁ…と感じました。

アナログタイプの妊娠検査薬
(陽性の場合は2本の紫色の線が出る)

しばらく検査薬を置いて、規定の時間である3分待ってみました。時間がたってから見てみると、ごくごくうすーーーく、検査窓に紫色の線が見えました。

4w1d 妊娠検査薬
ごく薄い紫色の線が左側にも見える

「あれ!線が見える気がする!?」と驚きました。これが陽性でいいのかどうかわからないくらいすごく薄い線でしたが、妊娠だろうと思いました。

夫にも報告

数日後に主人と一緒に記念日の予定があったので、検査薬の結果はその日に伝えることにしました。

すごく薄い線だったので、消えてしまわないか気になって、後で何度か検査薬を確認しました。ごく薄い線は数日たっても変わりませんでした。そして夫にも線が見えることを確認してもらいました。私の見間違えじゃなくてよかった!

微熱の原因もわかったので、膀胱炎か謎の病気ではないとわかって安心しました。

超初期症状?

この日の後5日間くらいは、微熱だけでなく、下腹部に少し生理痛のような痛みがあったり、生理のときにいつも痛くなる鼠経ヘルニアの痛みが気になったりしました。また、生理のときはあまり痛くならない胸の痛みも感じました。

これが普通の妊娠初期症状なのか、それとも生理が来てしまうのかよくわからず、少し不安に思いながら1週間を過ごしました。結局生理は来なかったので、超初期症状だったようです。

生理痛のような痛みは1週間ほどで気にならなくなりましたが、微熱はずっと続いたので、このあとしばらくはすごく暑がりな人になってしまいました。