今日は妊婦検診の4回目に行ってきました。いつもと同じ身体測定・心音確認と、最近つわりはだいぶ良くなってきていたのですが、一昨日痔のせいかお尻から出血してしまったのでその相談をしてきました。

受付と身体測定

予約時間を少し遅れて到着してしまいましたが、受付で名前と予約時間を伝えて5分ほどで、看護師さんが診察室に夫と一緒に案内してくれました。

診察室に入るとまず、いつもと同じように靴を脱いで体重計(Scale)にのり、身長・体重を測りました。私は前回(4週間前)の定期健診から自宅では一度も体重を測っていなかったので、いったいどれくらい増えているだろう? とちょっとドキドキしながら体重計にのりました。

すると4週間前からは0.58kg(1.3lb)の増加でした。前回の検診では3kgほど増えていたので、想像していたよりも激増していなくてホッとしました。やはりたまに体重は測ったほうが良いですね。体重のあとは、診察台に座って血圧を測ってもらいました。こちらもいつもと変わらず正常でした。

そのあと看護師さんから、「助産師さんと一緒に学生も来てもいい?たぶん会ったことあると思うけど」と聞かれたので、前々回の検診のときに会った学生さんだなと思い、「大丈夫です」と答えました。看護師さんが助産師さんと学生さんを呼びに行っているあいだ、診察室で数分ほど待ちました。

問診と痔の相談

しばらくすると先に学生さんが診察室に来て問診をしました。「体調とかつわりはどう?」「超音波検査(anomaly scan)(詳しくはこちらの記事)で性別はわかった?」など簡単な問診をしたあとに、「なにか気になることはある?」と聞いてくれたので、まず痔の相談をしました。

痔(Hemorrhoids)になってしまい、一昨日に出血(bleeding)があったことと、少し腫れ(swollen)と痛みがあるのでなにか薬(medications)はもらえないかと相談しました。

学生さんから、出血が膣(vagina)からではなくお尻(back)からであることと、出血が少しであることを口頭で確認され、そのとおりですと答えました。(あまり内診はしたくなかったので、直接は診てもらわずに済みました。)

そのあと助産師さんもやって来て、学生さんが助産師さんに痔の症状と薬の希望を伝えてくれると、「お水と繊維(fiber)をたくさんとって、お通じを柔らかくする便秘薬(stool softener)を使ってね!」とアドバイスをくれました。

便秘薬としては、市販薬の『Miralax』(こちらの記事にまとめています)を使ってみたのですが、効果があるのかよくわからないと伝えると、「Miralaxはお通じ(bowl movement)を促す薬で、飲み続けると薬なしではお通じがうまく出なくなることがあるから、痔にはMiralaxではなく、stool softenerが良いわよ」と教えてくれました。

なるほど! 妊娠するまで便秘薬を使ったことがなかったので、便秘薬によってはたらきがいろいろ違うということを初めて知りました。

Stool softenerの薬は処方薬(prescription)ではなく市販薬(OTC medications)の『Colace』という薬を教えてもらいました(この『Colace』の発音が難しい…未だによくわからず)。帰りに薬局で買うことにしました。

とにかく痔の正しい対処法がわかり良かったです! 痔の相談はちょっと気が引けましたが、聞いてみてよかったです。

ものもらいの相談

妊娠とは関係ないのですが、昨日の朝から左目にものもらい(eye stye)のような痛みがありました。私は定期的によくものもらいになるので、日本から持ってきた市販の抗菌目薬を使い、今日はもうほとんど良くなっていたのですが、これも抗生剤の目薬(eye lotion)をもらえるか聞いてみました。

目を少し診てもらい、「大丈夫そうだけど、もし症状が気になるようだったらPCP(primary care provider, かかりつけ医)に予約をとって診てもらうほうがいいね」とのことでした。

痛みはほぼ無くなっていたので、もしまた気になったときはPCPに診てもらうことになりそうです(かかりつけ医にはまだ診てもらったことはないのですが)。今はとりあえず様子をみることにしました。

お腹の確認と心音確認

問診での相談が終わると、お腹のサイズと胎児の心音を確認してもらいました。

診察台に横になって洋服をまくりあげてお腹を出し、学生さんがお腹を触診して子宮の位置とサイズを確認してくれました。触って子宮の位置がわかるというのに毎回感心します! サイズは普通のメジャーで測っていました。正常な範囲とのことで安心しました。

お腹の確認が終わると、ドップラーを使って胎児の心音を聞きました。前々回の検診のときには苦労して探した心音でしたが、今回はプローブをお腹にあてるとすぐに胎児の心音が大きく聞こえました。

「元気なGIRLね!」と学生さんも笑っていました。心拍数は150くらいで、こちらも正常とのことでした。検診のたびにどんどん大きくなる心音が心強いです。私自身は痔などのマイナートラブルがなかなか絶えませんが、胎児が元気そうで安心しました。

次回の予約と尿検査

診察が終わり、受付でいつもと同じように次回(4週間後)の定期健診の予約をとりました。ここまでだいたい30分くらいでした。

そのあと、病院内の別の階にあるラボにより尿検査をしました。毎回受けている尿検査ですが、助産師さんからの検査依頼(?)がまだラボに届いていなかったようで、尿検査の担当の看護師さんから「検査はドクターから言われた?」と聞かれました。

ドクターから言われていると伝えると、「じゃあ後でメールしてみるね!」と言って検査用の容器を渡してくれました。これは初めてのパターンだったので、あれ、ラボに行くように言われたよね? とちょっと心配になりましたが、とりあえず検査をしてもらいました。(自分の英語の理解度があやしいので毎回ちょっと不安です)

薬局で便秘薬を購入

最後に、勧められた便秘薬『Colace』を買いに病院内の薬局(pharmacy)に立ち寄りました。ただ、『Colace』をうまく発音できない(発音がよくわからない)ので、スマホで検索してパッケージを受付で見せて聞いてみました。

『Colace』の外観
(引用元:Colace ホームページ

すると受付の人が奥から薬を持ってきてくれました。メーカーは同じではなさそうですが、有効成分(Docusate Sodium)は同じもののようです。$2.49とかなり安かったので助かりました。

便秘薬 Docusate Sodium

便秘薬の真っ赤なカプセル

この薬、容器のラベルを読んでも1回何錠飲めばいいのかよくわからなかったのですが、ラベルシールの裏面にも説明書きが印刷してありました! わかりにくい!

両面に印刷されているラベル

1日1~3錠とのことなので、今日はまず試しに1錠飲んでみます(薬が効きすぎても怖いので)。

おわりに

妊娠も半分の折り返しを過ぎましたが、産まれる日が本当に待ち遠しいです。きっと過ぎてしまえばあっという間だと思いますが、あと半分あるのか…という気持ちです。

ただ、最近はつわりもだいぶおさまり、胎動も少しずつわかるようになってきたので、マイナートラブルやいろんな不安にめげずに、前向きにのこり半分の妊娠生活をおくりたいと思います! 次回の検診はまた4週間後です!