妊娠期間も残り半分となりお腹のふくらみも少し目立ってきました。なんとなくお腹やお尻もさらにふっくらしてきた気がします。今後の体重の増え方が気になってきたので、これまでの増加と理想の体重・BMI変化をグラフにしてみました。

適正な体重の増え方は?

アメリカの産婦人科(OB/GYN)では、体重に関する指導はいまのところとくにないのですが、やはり日本人に合った適当な範囲の体重が気になったので調べてみました。

ネットの情報をみると、普通体型(BMI 18.5~25.0)の人で、妊娠期間中に7~12kgの増加が理想としていることが多いようです。私は普通体型なので、この7~12kgの範囲内で体重が収まるように目指したいと思います。

体重・BMI増加のグラフ

そこでまず、21週目までの体重・BMIの変化をグラフにしてみました。また、参考として40週目に7、10、12kg増加した場合の体重・BMIもそれぞれグラフにしました。

体重は妊娠期間の40週間のあいだに一定のペースで増えるわけではないと思いますが、この直線のあいだにだいたい入っていれば適正といえそうです。

体重増加のグラフ
折れ線グラフは実際の体重、直線は7kg、10kg、12kg増加した場合を示す

BMIの増加のグラフ
折れ線グラフは実際のBMI、直線は7kg、10kg、12kg増加した場合のBMIを示す

今のところ適正な範囲にありそうなので安心しました。ただ、ちょっと油断すると、直線のグラフの範囲をすぐに超えてしまいそうです!

体重はこれから妊娠後期にかけてどんどん増えやすくなると思うので、たまに体重を測って気を付けて過ごしたいと思います。